FC2ブログ

記事一覧

エリザベス女王杯で狙いたい馬

今週末は、なんと、私のPOG指名が、、、3頭出るので非常にテンション高めです!!

いずれも1着が期待できる面々です!ってのはどうでも良いですね(笑)
ブレイニーラン、レピアーウィット、トーセンブレイブ、3頭未勝利を早く脱出して欲しい!!

さて、本題ですが、お待ちかねのG1エリザベス女王杯です。3歳世代はクラシック好走組と、古馬で実績あるミッキークイーンやスマートレイアー、今年ドバイターフを制したヴィブロス、昨年勝ち馬クイーンズリングなど、役者が揃いましたし、非常に楽しみな面々です。

人気はヴィブロス?ミッキークイーン?スマートレイアー?

しかし私の注目は
最強競馬ブログランキングへ

中央競馬ランキングへ

本馬は、非常に分かりやすい馬で、根幹距離は凡走か、走っても惜敗、しかし非根幹距離は、別馬のように激走します。
これまで勝利した重賞は全て非根幹距離、しかも牡馬を交えた混合重賞です。

根幹距離 【1.1.0.6】
非根幹距離 【5.1.0.2】

なんと分かりやすい馬なのでしょうか。
非根幹で着外2回は休み明けのエリザベス女王杯、年末の有馬記念だけです。休み明けのエリザベス女王杯も、大外ぶん回し4着ですから立派なものです。

得意距離が根幹距離ではなく、非根幹距離なのは、過去のG1級の馬にも沢山います。イメージを掴みやすいのは、王道レースのグランプリや、今回のエリザベス女王杯です。

例えばグラスワンダー、ドリームジャーニー、ゴールドシップなど。
牝馬はエリザベス女王杯を連覇しているメジロドーベルやアドマイヤグルーヴ、宝塚記念も制しているスイープトウショウなどが該当すると思います。

ちなみに名牝級エアグルーヴやウオッカ、ブエナビスタなどは、根幹距離G1を制していますが、非根幹距離は苦戦していました。

今年のメンバーで、上記適性を当てはめるなら、人気のミッキークイーンはまさに根幹距離の女王で、非根幹距離の今回は勝ち切るのは厳しい見立てです。宝塚同様、差して2,3着止まりでしょうか。

他、人気の古馬では、ヴィブロスやスマートレイアーは、根幹、非根幹は問いません。堅実には走ってきそうです。評価を割引くなら、別の角度から検証が必要です。
逆に昨年勝ち馬のクイーンズリングは、非根幹マイスターでしょう。今年もリピーターとして要警戒です。

もう一つ、私が注目している理由として、今回と同じ距離の重賞オールカマーの存在。

2000年以降、オールカマーで3着以内に好走した牝馬は、ディアデラノビア、ラキシス、ショウナンパンドラ、ヌーヴォレコルト、そして今年の勝ち馬です。

そもそも牝馬の出走自体が少ないですが、3着以内に好走してエリザベス女王杯に出てきた場合は、要注意です。
ショウナンパンドラを除く3頭は全て馬券圏内、ショウナンパンドラも同年JCを優勝、
90年代に遡ると、同年エリザベス女王杯には不出走でしたが、ヒシアマゾンやメジロドーベルもオールカマーを優勝しています。

G1では一歩足りないとなめられているなら好都合ですし、恐らくは1,2番人気には支持されません。

エリザベス女王杯は、1番人気が勝ちにくいレースであることも特徴で、過去1番人気の優勝は4頭、特にフルゲートでは外国牝馬のスノーフェアリーしか1番人気で勝てていません。非根幹距離と、残り4Fの持続力が問われる舞台だからでしょうか。今年も1番人気は割引きでしょう。
※1番人気の優勝は、初代ダンスパートナー、圧倒的人気で、他の年に比べて頭数が揃わなかったファインモーション、ダイワスカーレット、前年優勝のスノーフェアリー

キーワードは、非根幹距離、オールカマー好走、1番人気は割引き、この状況で狙わない手はないですね(笑)


応援クリックをお願い致します!

最強競馬ブログランキングへ

中央競馬ランキングへ







スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ラグランマン

Author:ラグランマン
FC2ブログへようこそ!
競馬のG1レースや、その前哨戦を中心に予想していきます。得意なレースは、牡馬クラシック3冠レースです。

競馬歴は約15年で、それなりに造詣深いです。
過去にはウン十万馬券や帯封馬券を的中させています。
(06,07年皐月賞、08,09年ダービー、10年菊花賞など)

一番好きな馬は、ドリームパスポートです。
渋い!!!