FC2ブログ

記事一覧

天皇賞(秋)の最終見解

秋天の最終結論はほぼ固まっていますが、どうしても気になるのは、当日の天候と馬場です。土曜から雨が降りしきり、日曜は終日の雨雨雨。芝の状態は、重馬場か不良馬場でしょうね。。。

土曜の傾向は、内から真ん中が伸びており、好位で競馬を進めた馬が優勢でした。後方追い込み勢は、かなり不利な状況です。しかし、日曜はがらり一変する可能性も。よくよく観察して、柔軟に対応した方が良さそうですね(汗

さて、今年のメンバー、積極的に逃げるであろう馬は、ロードヴァンドール、番手に構えるのはキタサンブラック とネオリアリズム。展開として、ミドル〜スローペースになるでしょうか。

キタサンやネオリアリズムは、直線早めに抜け出しを図り、押し切る競馬、それを見て進出を図るのがサトノクラウンでしょうか。ここに距離やコース適性なのか、道悪適性なのか、読み手はそれぞれに補正をかけるわけですが、オッズを加味するとキタサンブラックは妥当としても、サトノクラウンは少々売れ過ぎな感は否めません。根幹距離や多頭数実績は、キタサンブラック がまだ上位かと。

キタサンブラックは馬場以上に、前半のペースや自身のリズムが大事になってくると思います。まともならここも圏内でしょう。
大きな故障もなく、王道路線を闊歩する姿は、過去のテイエムオペラオーやゼンノロブロイに近い雰囲気を感じます。引退までの残り3戦、過度な期待はせず、無事完走を祈るのみです。

ちなみにネオリアリズムは、全く底が掴めません。地力でみればモーリスと遜色はなく、それだけ今がピークということでしょうか。父ネオユニヴァースは、同じ産駒のロジユニヴァースやヴィクトワールピサが荒れ馬場を苦にせず、G1を戴冠しました。道悪は歓迎できると思います。自身は休み明けですが、ここで勝っても全く驚けません。

その他では、ソウルスターリングの巻き返しですが、これはやってみないと分かりません(笑
前走毎日王冠は上がり32秒台のキレに屈した格好で、度外視できます。今回の荒れた馬場を歓迎できるかとみたら、非常に微妙ですが、早い上がりを求められていない今回は、巻き返しの可能性は多少なりあるのではないでしょうか。もちろん厩舎的にも、ここがメイチでしょうから軽視はできません。

ただ懸念材料として、同馬は競り合いに弱い?可能性がありますね。勝ちパターンとして、4角から先頭を射程に入れて、一瞬のスピードで抜け出しを図り、後続を置き去りにするのが同馬の強みでしょうが、敗戦を喫した桜花賞や毎日王冠は、直線で競り合う格好となってしまい、ラストで失速。

今回は相手強化されますし、同型脚質もいるので、さすがに1着目線でみると疑問符がつきます。それでも後は鞍上の手綱捌き次第でしょうか。

★最後に一発を期待したい馬を下記に挙げておきます。

もともと軽視の予定でしたが、終日雨馬場なら、逆転の目が浮上してきました。

オーナー金子さん-ウチパク-フレンチデピュティ-道悪→→→ 死んだふり騎乗のピンクカメオがパッと浮かぶ人はなかなか聡明な方ですね(NHKマイルをブービー人気で優勝)

これは母父フレンチデピュティのマカヒキも、一発あるサインでしょうか?
同馬の姉ウリウリは、重馬場をこなせていました。重馬場CBC賞1着やローズSで3着など。
また、同馬は母系にブラッシンググルームの血を内包させていますが、これは過去秋天を制したヤマニンゼファーやテイエムオペラオーも共通しています。これも良いスパイスですね。

ウチパク-フレンチデピュティ-道悪といえば、エイシンデピュティも過去にG1宝塚記念を勝利しています。

今回の悪天候、道悪という一見不利な条件は、内田騎手とマカヒキの人馬復活のきっかけになるかもしれませんね。


本命馬は、週中から変わらず⬇︎です。
応援クリックをお願い致します!
(※印と買い目は、本日12時頃UP予定)


最強競馬ブログランキングへ

中央競馬ランキングへ


スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ラグランマン

Author:ラグランマン
FC2ブログへようこそ!
競馬のG1レースや、その前哨戦を中心に予想していきます。得意なレースは、牡馬クラシック3冠レースです。

競馬歴は約15年で、それなりに造詣深いです。
過去にはウン十万馬券や帯封馬券を的中させています。
(06,07年皐月賞、08,09年ダービー、10年菊花賞など)

一番好きな馬は、ドリームパスポートです。
渋い!!!