FC2ブログ

記事一覧

10/29 天皇賞(秋)のキーワードは?

先週菊花賞は、ズバリ本命クリンチャーが期待に応えて、穴をあけてくれましたね。1着なら、嬉しさ倍増でしたが、人気のキセキも想像以上にタフで、強い競馬でした。

馬券的にはこれで2週続けての勝利となります。欲を言えば3連単を的中させたかったですがこれは仕方なし。春先から追いかけていたクリンチャー、皐月賞もダービーも対抗評価で、ここ一番の菊花賞で本命に抜擢。3〜4コーナーの捲りからの直線は、本当に見応えがあり、熱が上がりましたし、思わず雄叫びを上げてしまった程(笑
あれがまさに競馬の醍醐味ですね!

今週の天皇賞も、今のこのモチベーションで、しっかりと予想して当てていきたいと思います。

まず、人気が予想されるのは、実績からキタサンブラックですね。次いで充実一途のリアルスティールやサトノクラウンでしょう。

毎日王冠で敗れはしたものの、58kで2着まで差してきたサトノアラジン、安田記念勝ちの実績から3番人気の可能性も。

以下、グレーターロンドンの安定したキレと今後の伸びしろ、昨年の札幌記念でモーリスを破り、そこから高い次元で安定期に突入したネオリアリズム、
はたまた3歳牝馬代表格のソウルスターリング、昨年ダービー馬マカヒキ、多士済々の好メンバーですね。

伏兵どころも、リピーター枠のステファノスや今年の札幌優勝馬サクラアンプルール、宝塚記念からの臨戦シャケトラや、虎視眈々とレインボーライン、ミッキーロケットがおります。

どこから検証していいのか悩ましい限りですが、まずは下記のキーワードを念頭に予想を進めていきたいと考えます。

★5歳以降で天皇賞の春秋連覇はあるのか?
特に4歳王道路線で、頂点争いしていた馬の5歳秋以降の成長曲線はいかに。

★同年の根幹距離重賞を勝っていない馬が、宝塚記念と秋天を優勝できるのか?
そもそもベクトルが違う両レース、適性と能力の絶対値でどちらを取るか。

★前年秋天で3着内に好走した馬が翌年で着順を上げられるのか?
特に1,2着馬は、翌年に着順を落とす傾向。

もし上記のキーワードで気になる点があれば、実際に過去の歴史を探ってみて下さい。やはり馬の適性、年齢的なピークが、非常に重要であることが伺い知れると思います。

余談ではありますが、秋の天皇賞は、道中位置どりや脚質も無視できず、過去の勝ち馬の大半は、先行差し追込みのいずれかに該当しますね。
逃げや番手追走の馬で、勝ち切った馬は、ほとんど記憶にありません。
スタートから逃げたい馬は、極力軽視したいと考えています。



最強競馬ブログランキングへ


中央競馬ランキングへ

応援クリックをお願い致します★


スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ラグランマン

Author:ラグランマン
FC2ブログへようこそ!
競馬のG1レースや、その前哨戦を中心に予想していきます。得意なレースは、牡馬クラシック3冠レースです。

競馬歴は約15年で、それなりに造詣深いです。
過去にはウン十万馬券や帯封馬券を的中させています。
(06,07年皐月賞、08,09年ダービー、10年菊花賞など)

一番好きな馬は、ドリームパスポートです。
渋い!!!