FC2ブログ

記事一覧

中山記念の牝馬の扱い(復習)

中山記念は、エポカドーロとウインブライトのリャンメンで、相手ヒモ抜けという結果になりました。ディアドラ、ステルヴィオ、スワーヴリチャードを割り引いて見ていただけに、悔しい結果となりました。ちなみに、終わってから、中山記念の牝馬ってよく来てるなーと思って調べてみたら、過去G2以上連対、または中山重賞連対があり、条件戦以上の芝レースで4角3番手以内で勝利実績がある4歳牝馬(旧表記5歳)90年レディゴシップ、メジ...

続きを読む

小倉大賞典の予想

小倉大賞典前にいきたい同型脚質が多数。マルターズアポジー、ケイティクレバー、タニノフランケル、マイスタイル、マウントゴールド、ブラックスピネル、前傾ラップ必至ですね。逃げ逃げ決着は、望み薄、、、1番人気は4歳馬タニノフランケル。4歳馬は過去10年で、トリオンフやアルバートドッグ、ラストインパクトが勝利。いずれも川田将雅騎手。タニノフランケルとのコンビは初だが、川田を配してきたのは勝負度合いが高いはず。...

続きを読む

フェブラリーステークス 見解2

前回からの続き根岸ステークスからの取捨選択については、下記の通りです。根岸ステークスを1,2番人気で敗戦していた馬は、本番フェブラリーステークスでは掲示板止まり、ほぼ全てが着外となっています。例外は59kを背負っていたスターリングローズの3着巻き返しのみ。昨年のサンライズノヴァや、ダノンカモン、サンライズバッカス、ブルーコンコルド、メイショウボーラー、シーキングザベスト、リミッドレスビッドなど。今年のサ...

続きを読む

フェブラリーステークス 見解1

1年ぶりにこちらのブログで記事を書きます。早速本題ですが、根岸ステークス→フェブラリーステークスの取捨を検証すると、58k背負って、10番手以下から追い込んだテスタマッタ、ノンコノユメは格の証明で買いでしたし、過去、勝ちタイム1.22.5を切ってきたノボトゥルー、モーニン、ノンコノユメは、やはり高い水準でのスピードの持続力の証明で買いでしたし、1番人気で勝利したメイショウボーラー、ワイルドワンダー、モーニン、カ...

続きを読む

チャンピオンズカップの見解

12/3 チャンピオンズカップの予想、見解を述べたいと思います。今回は結論から先に。◎ノンコノユメ○テイエムジンソク頭はどちらかで決め打ち。私が好きな頭リャンメン待ちですね(笑)差し馬台頭の流れならノンコノユメ、先行前残りならテイエムジンソクという図式。個人的にノンコノユメは左回りの1600〜1800mがベストと見ています。叩き2戦目、前走から斤量減、屋根は据置きCデム、レースの特徴的に内枠がトレンドで、枠順も絶好!...

続きを読む

プロフィール

ラグランマン

Author:ラグランマン
FC2ブログへようこそ!
競馬のG1レースや、その前哨戦を中心に予想していきます。得意なレースは、牡馬クラシック3冠レースです。

競馬歴は約15年で、それなりに造詣深いです。
過去にはウン十万馬券や帯封馬券を的中させています。
(06,07年皐月賞、08,09年ダービー、10年菊花賞など)

一番好きな馬は、ドリームパスポートです。
渋い!!!